おもてなしコンシェルジュがお勧めする本【3月、4月】

芝パークホテルのお客様は、1階のライブラリーラウンジをどなた様もご利用いただけます。
国内外の約500冊の書籍の中から、おもてなしコンシェルジュがお勧めの本をご紹介いたします。
ぜひお手に取ってご覧ください。

◆おもてなしコンシェルジュ お勧め本<No. 1> 吉原 真奈

“It might be an apple” / ”りんごかもしれない“
著者:ヨシタケシンスケ / Shinsuke Yoshitake
発行:テームズ・アンド・ハドソン/ Thames&Hudson
株式会社ブロンズ新社 / Bronze Publishing Inc.


いま大人気の奇才ヨシタケシンスケさんの大ヒットデビュー作です。
小さなひとつの疑問から展開される、まか不思議なアイデアと想像力の壮大な世界。りんごひとつで、こんなに話が広がるなんて凄い!りんごではないかも知れない可能性を絵で具現化したこの本は、どの年齢の方でも楽しめます。
何かに行き詰ったとき、この本を読めば固定観念を捨て見えなかったものが見えるようになるかも知れません。

 


◆おもてなしコンシェルジュ お勧め本<No. 2> 金田 絵美里

ONIGIRI 365 wonderful recipes! / 365日おにぎりレシピ
レシピ考案・監修: 佐藤 智香子 / Chikako Sato
編集長: 間瀬 博文 / Hirofumi Maze
発行:株式会社ニューズ・ライン/ Newsline Co., Ltd

彩り豊かなおにぎりの写真に惹かれました。
お弁当やピクニック、イベント、おやつなど、日本人にとっては当たり前の食文化になっているおにぎり。
こちらの本には、おにぎりのレシピが365種類紹介されています。
こんな組み合わせもアリなの?と、きっと新しい出会いがあるはず。
私のオススメは、「鮭 × レタス」の組み合わせです!
お気に入りのレシピを見つけてみてはどうでしょう?

 


◆おもてなしコンシェルジュ お勧め本<No. 3> 宮城 大士

“TOKYO POP-UP BOOK ~ A comic adventure with NEKO the cat”
著者:サム・イタ/ SAM iTA
発行:チャールズ・イー・タトル出版株式会社
/ Tuttle Publishing

アメリカ人絵本作家の描く東京をモチーフにした飛び出す絵本。
多くの東京名所や日本の日常が描かれていて、まるで外国人が思い描く東京を丸ごと詰め込んだような絵本になっています。絵の中の名所や日常は忠実に描かれているはずなのに、どこか日本のものではないような違和感があります。この本を読みながらそれらを感じ、楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ライブラリーラウンジについて
利用時間:24時間
サービス:
・国内外の約500冊の書籍のご用意
・Wi-Fi接続可能(無料)
・宿泊者はコーヒー、紅茶が無料
(セルフサービス、6:00-23:00)

◆銀座 蔦屋書店 ディレクションのライブラリー
ライブラリーラウンジの書籍は、銀座 蔦屋書店 のディレクションによるものです。
江戸から東京、そして現代のTOKYOへと紡がれてきた日本文化を軸として、幅広い年代のお客様に楽しんでいただけるような書籍コレクションとなっております。
蔵書数はビックブック(大型本)も含めて、約500冊です。 本はラウンジだけでなく客室やレストランでも閲覧可能です。お気軽にお申し付けください。 書棚前での撮影なども自由なので、旅の思い出にぜひ写真撮影をどうぞ。

“It might be an apple” / Shinsuke Yoshitake
“It might be an apple” / Shinsuke Yoshitake
ONIGIRI 365 wonderful recipes! / Chikako Sato / Hirofumi Maze
ONIGIRI 365 wonderful recipes! / Chikako Sato / Hirofumi Maze
“TOKYO POP-UP BOOK ~ A comic adventure with NEKO the cat”/ SAM iTA
“TOKYO POP-UP BOOK ~ A comic adventure with NEKO the cat”/ SAM iTA
ホテル1階のライブラリーラウンジ
ホテル1階のライブラリーラウンジ