おもてなしコンシェルジュがお勧めする本【5月、6月】

芝パークホテルのお客様は、1階のライブラリーラウンジをどなた様もご利用いただけます。
国内外の約500冊の書籍の中から、おもてなしコンシェルジュがお勧めの本をご紹介いたします。
ぜひお手に取ってご覧ください。

◆おもてなしコンシェルジュ お勧め本
 <No. 1> 吉原 真奈


“Convenience Store Woman” / ”コンビニ人間“
著者:Sayaka Murata / 村田沙耶香
出版社:Granta / 文藝春秋

36歳の未婚女性、恵子のコンビニエンスストアでのアルバイト人生の物語。
幼少期も他と少し変わった感性の子どもで、大人になった今も18年間同じコンビニでアルバイトを続けている。
一見平凡でつまらない人生を送っているように取れるが、恵子は平凡な毎日の日々の中からでも働くことにやりがいを感じ、
本人にとって適切な環境に身をおけば、十分に幸せになり得ると思わせてくれる一冊だと思う。


◆おもてなしコンシェルジュ お勧め本
 <No. 2> 金田 絵美里


”Kimono Design: An Introduction to its Patterns and Background” / “着物の文様とその見方”
著者:Keiko Nitanai  / 似内 惠子
出版社:SEIBUNDO SHINKOSHA publishing / 株式会社 誠文堂新光社

遠い昔から今に至るまで受け継がれてきた、日本の民族衣装である着物。
場の雰囲気を一瞬で華やかにする着物は、現在では海外でも人気で、着物を購入するために日本を訪れる方もいます。
こちらの書籍は、日本の四季に沿って着物が紹介されており、色や文様だけでなく、当時の歴史や和歌なども解説されています。
ページを捲る度、艶やかな着物の写真にうっとりしてしまうような図鑑的位置づけの1冊。
着物好きで知識がある方、1年に1度しか着ない方、四季折々の花を視覚で楽しみたい方にもお勧めできる本だと思います。


◆おもてなしコンシェルジュ お勧め本
 <No. 3> 宮城 大士


“A Brief History of Robo sapiens” / “ロボ・サピエンス前史”(上・下)
著者:Toranosuke Shimad / 島田虎之介
出版社:株式会社 講談社 / Kodansha Ltd.

ロボットが人間のように生活するようになり人類と共存している世界をテーマにした漫画。
背景の建物には用途が文字で描かれ漫画なのに吹き出しもないとてもユニークなデザインの絵。
説明が省略されていて、読み手の理解に物語をゆだねるように話が進んでいきます。
作者は何を伝えたかったのか、どこまでこの作品を理解できているのか、読み終えた後に誰かと話しあいたくなるような作品です。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ライブラリーラウンジについて
利用時間:24時間
サービス:
・国内外の約500冊の書籍のご用意
・Wi-Fi接続可能(無料)
・宿泊者はコーヒー、紅茶が無料
(セルフサービス、6:00-23:00)

◆銀座 蔦屋書店 ディレクションのライブラリー
ライブラリーラウンジの書籍は、銀座 蔦屋書店 のディレクションによるものです。
江戸から東京、そして現代のTOKYOへと紡がれてきた日本文化を軸として、幅広い年代のお客様に楽しんでいただけるような書籍コレクションとなっております。
蔵書数はビックブック(大型本)も含めて、約500冊です。 本はラウンジだけでなく客室やレストランでも閲覧可能です。お気軽にお申し付けください。 書棚前での撮影なども自由なので、旅の思い出にぜひ写真撮影をどうぞ。

ホテル1階のライブラリーラウンジ
ホテル1階のライブラリーラウンジ