☆2019 INSPIRED BY COCKTAIL☆
【This is Campari!

小春日和                カンパリと玄米茶の何とも言えないマリアージュが体を癒します

ウィンター オブ メアリー      カンパリとトマトジュースの絶妙な味わい                        各 JPY1,600(税サ込)


カンパリとはイタリアのトリノでバーテンダーをしていたガスパーレ・カンパーリが開発し、1860年、当時の流行に乗って「ビッテル・アルーソ・ドランディア」(Bitter All'uso d'Hollandia、オランダ風苦味酒)と名付けて売り出した。

その後息子のダーヴィデ・カンパーリ(Davide Campari)が「カンパリ」と名前を変えた。現在の製造元はダヴィデ・カンパリ社。なお、カンパリ社は、ベルモットのチンザノ、ウォッカのスカイウォッカなどを傘下におさめる、酒造業界の一大グループとなっている。

カンパリの製法は明らかではないが、ビター・オレンジ、キャラウェイ、コリアンダー、リンドウの根など、60種類にのぼる材料が使われていると言われる。リキュールの中ではビター系リキュールに入る。
鮮やかな赤い色と苦味を特徴としており、通常何かで割って飲んだり、カクテルのベースとして使われたりすることが多いが、ストレートでも飲むことができる。イタリアでは白ワインと1:1で割って飲むことが多い。

着色料として長らくカルミン酸色素=コチニール(エンジムシから取れる染料)が使用されていたが、2007年10月以降は代替着色料として赤色2号、青色1号、黄色5号を使用したロットに切り替わったため、該当する食品添加物の摂取を避けている場合には注意が必要である。
その他、カンパリ社ではベリー類のリキュールである「コーディアル・カンパリ」という製品を出していた。色は無色透明であり「カンパリの白」とも言われたが、現在は販売を終了しており一般での入手は難しくなっている。


今年の冬はカンパリカクテルで心を癒してください!

 

【お問い合わせ】

Bar The Fiftteen's 03-5470-7545 (直通)
We look forward to your visit.
営業日:月曜日~金曜日
営業時間:17:00~23:30 (L.O.23:00)
定休日:土曜日・日曜日・祝日
席数: カウンター席 8席・ホール席 20席
貸切予約、応相談。
最大40人までとさせて頂きます。