北京の伝統料理研究① 宮保明蝦(大海老の甘辛北京ソース)

シェアする:

宮保明蝦(車海老の甘辛北京ソース)は、1960年の創業以来、50年以上に亘り受け継がれてきた北京の伝統料理で、ソースの基となる香糟(シャンゾウ)を作れるのは歴代の料理長のみという、 門外不出・秘伝の一品です。衣を付けてカラッと揚げたプリプリ食感の海老と甘辛ソースの組み合わせが人気の秘密。当店自慢の一皿を、ぜひ一度お試しください。