おもてなしコンシェルジュがお勧めする本【11月、12月】


shiba park hotel library rounge
芝パークホテルのお客様は、ライブラリーラウンジをどなた様もご利用いただけます。
国内外の約1200冊の書籍の中から、おもてなしコンシェルジュがお勧めの本をご紹介いたします。
ぜひお手に取ってご覧ください。

◆おもてなしコンシェルジュ お勧め本
 <Vol. 13> 吉原 真奈

no image
JAZZ / ジャズ
著者:Henri Matisse / アンリ・マティス
出版社:Editions Anthese / エディションアンテス

こちらの版画集のタイトルは「JAZZ」ですが、全体のテーマはマティスの旅の思い出と当時流行していたサーカスです。1940年以降に体調を崩し体力の落ちていたマティスは、本格的な表現媒体として切り紙絵の制作に注力していました。マティスの魅力溢れる傑作が20図版も収録。当社にあるこちらの版画集はニューヨーク近代美術館(MoMA)が限定で250部出版した復刻版になります。

 

◆おもてなしコンシェルジュ お勧め本
 <Vol. 14> 金田 絵美里

no image
David Bailey / デイヴィッド・ベイリー
著者:David Bailey / デイヴィッド・ベイリー
出版社:TASCHEN / タッシェン

音楽好きであったことからジャズのレコードカバーに影響を受けて写真家を志したデイヴィッド・ベイリー。1960年には世界的有名なファッション誌「ヴォーグ」と契約し、年間800ページを手掛けたと言われています。写真家としての存在もロックスター並みですが、テレビコマーシャルやドキュメンタリーも監督・制作しました。彼に撮影してもらうと出世すると言われていた証に、このBIG BOOK(SUMO BOOK)には無名時代の俳優やミュージシャンなどが数多く収められています。

 

◆おもてなしコンシェルジュ お勧め本
 <Vol. 15> 宮城 大士

TOKYO ウィリアム・クライン
TOKYO / 東京(都市四部作)
写真:William Klein / ウィリアム・クライン
出版社:Akio Nagasawa Publishing / アキオナガサワパブリッシング

ニューヨーク・ローマ・モスクワ・東京、四つの都市の名を冠する写真家ウィリアム・クラインの代表作。その時代ではタブーとされていた「アレ・ブレ・ボケ」を使った大胆な表現方法の作品は当時大きな話題となり、以降の写真家の作品に大きな影響を与えた写真家。
都市四部作の最後の一冊となる「東京」は、高度成長期に東京に暮らす人々の生活の変化に対する不安や戸惑いを鮮明に映し出している。その独特の世界観に忌避してしまいそうになりますが、一度ぜひ手に取ってみてほしい作品です。

 

 

銀座 蔦屋書店 ディレクションのライブラリー

芝パークホテルならではのおもてなしの心や培ってきた歴史を、書籍を通して感じて頂けるセレクション。
江戸から東京、そして現代のTOKYOへと紡がれてきた「芝」。大切なものが時代とともに紡がれていく。時が流れても色褪せることのない、そんな本棚をご用意いたしました。

 

ジャンル 日本文化、建築、写真、アート
蔵書数 ビッグブック(大型本)も含めて約1200冊所蔵
閲覧スペース 1Fラウンジ、2Fホワイエ、客室やレストランでも閲覧可能。お気軽にお申し付けください。
利用時間 【1F / ライブラリーラウンジ】
 24時間
【1F-2F / 中央大階段】
 7:00~21:00
【2F/ ホワイエ -Book & Culture-】
 7:00~21:00
Wi-Fi 無料接続可能
写真撮影OK ライブラリーラウンジではご自由に撮影いただけますので、旅の思い出作りをどうぞお愉しみください。
おすすめ本 ブログにておすすめ本を紹介しております。
ご宿泊のお客様向けサービス コーヒー、紅茶が無料
(セルフサービス:6:00-23:00)


ブログでは「本に囲まれて、のんびりと過ごしたい方におすすめおこもりステイ」や、
「おもてなしコンシェルジュがお勧めする本」を紹介してございます。

 


 アクセス

お車でお越しのお客様は提携駐車場をご利用ください。
芝パークホテルは
JR・モノレール浜松町駅より徒歩/約8分
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅より徒歩/約4分
都営地下鉄三田線御成門駅よりA2出口より徒歩/約2分
JR東京駅よりタクシーで約15分です。

芝パークホテル周辺地図 東京タワー 増上寺 芝大神宮